狐火

福島県出身のラッパー。
日本トップクラスのアルバムリリース数(2021年11月時点で21枚)。
 
2012年、オーディションを勝ち抜き史上初めてポエトリーリーディングでSUMMER SONICへの出演を果たし【1000組のバンドを黙らせた1本マイク】と称される。
 
2018年、映画『cat fire』にて初主演。
2019年、映画『GEEK BEEF BEAT』にて二度目の主演。
2020年、齊藤工総監督の映画『COMPLY+-ANCE コンプライアンス』の主題歌を担当。
2021年、両国江戸東京博物館『桂笹丸落語会』にて落語初披露。

昼間は派遣社員として働いております。