何もない所から3

クローゼットの中の隙間に

だいたいの秘密を隠していた。

なかなか郵送出来ない実家への手紙とか。

なかなかラップに踏み出せなかった僕は初めてリリックノートを作り、クローゼットの隙間に居場所を作り、リリックを描き始めた。

大学には、最近日本語ラップを聴き始めた様なちょっと不良っぽい同級生が「俺、昨日ラップ始めたわ」と言っていたり、学生食堂で大人しい同級生が「最近、韻しか踏んでないや」と言ってたり、ずっと高校から『自分にラップが出来るのか?』と自問自答していた日々がバカらしくなったというのもある。

一歩踏み出す勇気は何であれ必要だった。

僕は昔から詩を描く事が好きで、いや、自分の描いた詩を祖父母に褒めてもらう事が好きだったのかもしれない。
だから、リリックは割りとすんなり描く事が出来た。

最初の一歩がとても遠かったのだと思った。

何にしてもそうなのかもしれないけれど。

 

はじめてみたらラップは楽しくて楽しくて、ただリリックはあるけれどラップの仕方が良く分からない。

でも、手探りでラップしてみたり、それらが全て楽しかった。

大学入学当時(18才)は、どこにぶつけて良いか分からない気持ちを家族に向けてしまい。
とても迷惑をかけたことがあった。

ずっと胸の内にあって自分にはどうする事も出来ないそんな感情すらラップは全てを飲み込んでくれそうな感じがした。

いや、実際に全て飲み込んでくれた。

この先の僕の人生も全て。


つづく