何もない所から5

一夜にして何かが変わった。

テレビ放送直後からケータイにたくさんの連絡が入り、番組の途中に同じアパートの面識ない先輩が部屋を訪ねて来たり、翌日大学構内で声をかけられたり、とにかく今まで味わった事のない感覚があった。

それはその時の僕にとっては特別なものだった。

たった1日で見えていた世界が変わった。

まだMC名もなくラッパーと呼ぶには相応しくない駆け出しだったが何だか誇らしかった。

 

近所のファミマに行けば店員さんが応援してくれて、肉屋さんに行けば店主がから揚げをおまけしてくれた。

みんな僕がテレビに出た事を喜んでいる様に見えた。
何者かになれた様な気になっていた。
何度も何度も録画したビデオテープを見返した。
友達に収録時の話を何度も何度も自慢げに話した。

相当、浮かれていた。

そんなある日、DJの先輩達に学食に呼び出された。

先輩達はシャケフライを食べながら
「よぉ、人気ラッパー」
と、皮肉まじりに言った。

そこから怒涛のお叱りを受けた。

「現場で一度もライブした事ないお前がふざけるな
恥さらしのセルアウトが
テレビに出て浮かれてるのはクソダサイ
ここで俺達が納得する様なフリースタイルしてみろよ」

僕はずっとうつむき何も言えずにいた。

何か実績を作り地元でライブに出ようと思っていた。
一番認めて欲しかったDJの先輩達にダサいと言われ、一気に浮いた足が地についた。


つづく