何もない所から13

1曲目が始まった。

今日まで何十回いや何百回と練習してきた曲のイントロを聴いたら
イッキさんのアパートやスタジオを思い出した。
僕は声の震えを抑え込む様に
真下を向きながら
必死で喉をふりしぼってラップした


途中で、歌詞が飛んでしまい
わけのわからないことを
叫ぶ様な時間があった


あれだけ練習した発声も
ここでは思うようにいかない

2曲目、3曲目と進んでいくうちに
じょじょに緊張が和らいだのか
少し顔を上げてみた

お客さんの表情は見えないが

それでも、ここからの眺めは最高だ。

思い出す事も出来ないほどにあっという間だった。
良かったのか悪かったのかわからないけれど、この15分間は精一杯生きた様なそんな充実感があった。

横を見るとイッキさんが滝の様な汗を流しながら何かに頷いていた。

フロアに出るとお客さんが「良かったよ!」と声をかけてくれた。
お世辞かもしれないけれど、心の底から嬉しかった。
ノースカントは既にフロアから姿を消していたが「あんたらマジでリスペクト」 というメールが届いていた。

バーカウンターでビールを買い、イッキさんと乾杯した。

熱を持った喉元を通るビールの炭酸が心地良く、壁によりかかりながらさっきまで立っていたステージを眺めていたらあっという間に飲み干してしまった。

このバックステージパスは宝物だけれど、今日このステージに立てなかったノースカントにプレゼントする事にした。


初めてのライブはこうして夜が更けていった。


つづく