何もない所から4

昔、町の盆踊りの景品で祖母がラジカセを持って帰って来た事があった。
弟と自分達の声を録音した時にとても感動したことを覚えている。
初めて聴いた自分の声は思っていた声とは違った。

それから毎日その日にあった出来事や絵本の朗読、ラジオDJの真似事を録音して遊んでいた。

ラップを録音してみようと思い、ハードオフで安いラジカセを物色しながらそんな事を思い出していた。


はじめてのレコーディングはマイクなどなくコンポと自分の中間にラジカセをセットして行われた。
勿論、音質は最低だったが大きな前進だった。

そんなある日、従兄弟から連絡が来た。

「『学校へ行こう』というTBSの番組で学生ラッパーを募集しているから応募してみては?」
という提案だった。

僕は何の迷いもなくラジカセで録音したテープを番組のオーディションに送ってみた。
考えるよりもまず行動してみる大切さに気付いたからだ。

翌週、テレビ局の方から連絡があり音源審査を通過したとの事だった。

翌々週、ライブ審査の為に東京へ呼ばれた。

話がトントン拍子に進み過ぎて自分が何をしようとしているのか追い付かなかった。

ただ何か変われる様な気がした。

髪型を坊主にして、ラインと気合いを入れて審査に挑む事にした。

初めての東京には1人で心細かったから弟を連れて行った。

東北新幹線で上野駅で降り、赤坂TBSへ。

オーディション会場に50組くらいはいただろうか。

あっという間に僕の出番になり、幕が上がるとそこにはV6さんが居た。

頭が真っ白になり、どんなパフォーマンスをしたのかは覚えていない。

数週間後に番組内で僕のオーディションの様子が放送される事になった。

僕はアパートの部屋で1人ビデオの録画ボタンを押した。


つづく